複雑な料金体系とはおさらば!LINEモバイルの料金プランを解説します

5 min
LINEモバイルの料金プラン

この記事ではLINEモバイルの料金についてご紹介します。

LINEモバイルなら、月額1,100円からスマートフォンを利用することが出来るようになります。

LINEモバイルの月額料金
データ通信容量月額料金
500MB1,100円
3GB1,480円
6GB2,200円
9GB3,200円

※音声通話ありの場合

外食1~2回の料金でスマホが持てるんです!

日本人のひと月当たりの携帯電話料金の平均が4,709円なので、1,100円は格安ですよね?

そして、今なら月額利用料が最大2ヶ月無料になるキャンペーンも実施しています。

この機会に、LINEモバイルに申し込んで携帯電話の料金を安くしましょう!

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プラン
データ通信容量音声通話あり音声通話なし
500MB1,100円600円
3GB1,480円980円
6GB2,200円1,700円
12GB3,200円2,700円

LINEモバイルの料金プランは

  • 音声通話をするかどうか?
  • データ通信容量

で決まります。

音声通話をするかどうか?

要するに、電話を使うかどうかです。

LINEモバイルでは、音声通話をするかどうかで月額の基本料金が変わります。

電話を使う場合は「音声通話あり(音声通話SIM)」を選択しましょう。

データ通信容量

LINEモバイルでは、データ通信容量を

  • 500MB
  • 3GB
  • 6GB
  • 12GB

から選択することが出来ます。

データ通信容量目安
Webサイト閲覧動画再生
500MB2,454回236分
3GB14,724回1,416分
6GB29,448回2,832分
12GB58,896回5,664分

出典:Global Mobile

外出先でそこまで携帯を利用しないという方は500MBで充分です。

ただ、500MBだとWebサイトを見たり動画を見たりするとあっという間に容量を使い切ってしまいます。

利用頻度が多い方は、3GB以上を選択しておくことをオススメします。

その他のオプション

データフリーオプション

データフリーオプションとは、対象サービスを利用する際のデータ通信容量を消費しなくなるオプションです。

LINEモバイルでは、LINEの通信容量を消費しないLINEデータフリーが基本で付いています。

更に、オプションで

  • SNSデータフリー(月額+280円)
  • SNS音楽データフリー(月額+480円)

を選択することが出来ます。

基本的に、SNSを利用しない場合にはLINEデータフリー以外のオプションは不要です。

10分かけ放題オプション

通話アプリ「いつでも電話」を使って、LINEモバイルからの10分以内の通話がかけ放題になるプランです。

  • 1回の通話が10分以上になる
  • 1ヶ月ほぼ毎日電話をかける

という方であればオプションとして付ける価値がありますが、

  • 電話はほとんどかけない
  • 普段のやり取りはLINEで行っている

という方は無理に付ける必要はありません。

LINE同士であればLINEを使った通話機能もあるので、それが使えれば電話の価値はあまりありません。

「固定電話の代わりの用途で電話を頻繁に使う」という場合のみオプションとして付けましょう。

端末保証オプション

落下や水没など、万が一のトラブルに備えたオプションです。

端末保障オプションは必ず付与するようにしましょう。

端末に何もなかった場合には無駄になってしまいますが、オプションに加入していないと端末に何かあった場合に全額負担しなければなくなります。

スマートフォンの修理や再購入はウン万円と費用が掛かるので、必ず端末保障オプションは加入しておくことをオススメします。

また、端末保障オプションは契約時以外は入ることができないのでご注意ください。

Wi-Fiオプション

Wi-Fiオプションは、カフェや駅など、全国約49,000ヶ所のスポットで利用できる公衆無線LANサービスです。

Wi-Fiと聞くと「加入しないと自宅のWi-Fiにも接続できないのか?」と誤解される方もいらっしゃいますが、自宅Wi-FiやFree Wi-Fiへの接続はオプションに加入しなくても利用可能です。

なのでよほど外出先で長時間動画等を見るという方以外は加入不要です。

ウイルスバスターオプション

ウイルスバスターオプションは、スマートフォンにウイルスバスターというセキュリティソフトを導入することでセキュリティーを高めるオプションです。

セキュリティー対策ソフトを導入することはいいことなのですが、世の中にはウイルスバスター以外のセキュリティ対策ソフトがたくさんあります。

中にはウイルスバスターよりも安価に導入できるものもあるので、ここで無理にオプションとして導入する必要はありません。

よほどウイルスバスターに思い入れのある方以外は、加入を見送って問題ありません。

LINE MUSICオプション

LINEが提供する音楽サービス「LINE MUSIC」を利用できるようになるオプションです。

LINEモバイルのオプションとして加入した場合、普通にLINE MUSICを利用するよりも安く利用することができます。(月額891円→月額750円)

音楽が好きで、「いろいろなジャンルの音楽を好きな時に好きなだけ楽しみたい!」という方には価値のあるオプションです。

ただ、「そんなに音楽聞かないよ」という方にはメリットがあまりないので、無理に加入する必要はありません。

フィルタリングオプション

有害情報を含むサイトや、ネット被害にあう危険性があるサイトへの接続を遮断することができるオプションです。

主に子供向けにスマートフォンを購入する人に向けたオプションなので、特別加入する必要はありません。

留守番電話プラス

スマートフォンにあった着信に対して出ることができなかった場合、留守番電話にメッセージを残してもらうことが出来るようになるサービスです。

各回線によって料金や保存件数が変わります。

ドコモ回線ソフトバンク回線au回線
月額料金月額300円無料月額300円
保存件数20件30件99件
保存期間72時間72時間1週間

携帯電話の機種によっては、本体に留守番電話機能のついている機種もあります。ソフトバンク回線の場合には申込等をしなくても無料で利用することが出来ます。

ご自身が利用している機種を確認の上、必要であればオプションとして加入しましょう。

割込電話

通話中にかかってきた通話に対して電話に応答する機能です。

誰かと通話中に第三者から電話がかかってきた際に、所定の操作を行うことで、通話中の相手を保留にした状態で第三者と通話ができます。

ビジネスなどで電話を利用する方にはあって便利なオプションですが、普通に使う分にはあまり必要ありません。

ビジネス用途がなければ無理に加入する必要はありません。

グループ通話

最大5人の相手と同時に通話ができるオプションです。

利用している回線によって、利用可否が変わります。

ドコモ回線 ソフトバンク回線 au回線
利用不可月額200円月額200円

グループ通話機能はLINEアプリにも存在するので、あえてオプションで加入する必要はありません。

通話明細

通話とSMS送信の明細を確認できるようになるオプションです。

加入するとマイページから通話やSMS送信の明細を確認することが出来ます。

多くの場合には通話明細を必要とすることはないと思うので、無理に加入する必要はありません。

迷惑電話ストップ

迷惑電話やいたずら電話をストップするサービスです。

利用回線によって料金や登録件数に違いがあります。

ドコモ回線ソフトバンク回線au回線
利用料金無料月額100円月額100円
登録件数30件20件30件

携帯電話の機能で特定の電話番号の着信拒否をする機能がある場合があるので、その機能が付いた機種を利用している場合には加入不要です。

迷惑電話やいたずら電話が多くかかってくる場合には加入しましょう。

転送電話

着信した電話をほかの番号に転送することが出来るオプションです。

無料で利用できますが、用途がない場合には無理に加入する必要はありません。

国際電話

海外に電話を掛けられるようになるオプションです。

国際電話オプションの加入は無料ですが、海外に電話をかける場合には別途通話費用が発生します。

海外との通話の用途がない場合には加入は不要です。

まとめ

 LINEモバイルは

  • 音声通話の有無
  • データ容量

で基本の金額が決まるので、非常にわかりやすい料金体系になっています。

そこに必要なオプションを付ければ月々の費用が算出できます。

オプションはいろいろとありますが、端末保障オプション以外は契約後にも加入できるので、加入後に検討しても問題ありません。

端末保障だけは契約時にしか加入できないので、必ず加入しておきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です